もう悩む必要はなし!?わきがの治療はレーザーで簡単に済む時代

圧倒的に簡単になったわきが治療

わきがの治療は、昔は難しいものでした。何度病院に通っても結果が出なかったり、結果を出すために大きな手術をするしかなかったからです。ワキを切開して汗腺を一つ一つ手作業で取り除いていた時代もあったのです。さすがにそれは躊躇もしますよね。

しかし、最近ではレーザー治療が普及をし始めて、わきがの治療は圧倒的に簡単に済ませられるようになっています。何しろ、永久脱毛と同じように気になる部分にレーザーを照射してしまえば、毛根を潰すように汗腺も潰せるからです。完全に機能を停止した汗腺からは、汗が出てくることはなくなります。つまり、わきがの治療はただそれだけで済むということなのです。非常に簡単ですよね。

軽度の場合には薬で治ることもある

症状が軽い場合には、レーザー治療すら必要がないかもしれません。今の時代は色々と薬が出ているので、それを服用するだけでも嫌な臭いは抑えられます。臭化プロバンテリンという成分の入った薬を服用すれば、発汗を抑えられます。飲み薬ですから、病院で処方をしてもらえば手術はしなくてもいいことになります。他にも、塩化アルミニウム液を使えば、汗を抑制できるとされています。こちらはワキに直接塗布をしていくタイプになります。他にも、自律神経に働きかける薬などで汗の発生を抑えることができる場合もあります。

重度な場合は昔のような手術をすることもあり

ただ、重度の場合は昔のように大きな手術をするケースももちろんあります。剪除法と言うのですが、ワキを切開して皮を裏返して汗腺を手作業で取り除いていきます。より確実な効果があるということで、この方法もまだ一部では使われています。しかし、やはり最終手段であって、そこまでする人は滅多にいません。

わきが」とは別名「腋臭症」(えきしゅうしょう)と呼ばれており、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強いにおいを発する人体形質です。