適当に選んじゃダメ!歯医者さんは慎重に選びましょう

歯医者によって、歯の運命も変わる

家から近いから、昔からお世話になっているからなんとなくと、適当に歯医者さんを選んでいる人も少なくないでしょう。ですが歯医者によって治療方法や医療設備などに大きな差があるため、それが歯の寿命を左右することにもつながります。たとえば「歯の神経を抜く必要がありますね」と言われた時、素直にそのまま受け入れるのではなく、他の歯医者で診てもらうことも大切です。なぜなら歯医者によっては神経を残せる治療ができるケースもあるからです。歯を削ったり神経を抜いてしまったら、その失った歯や神経は二度と戻ってきません。大切な歯を守りたいのであれば、まずは歯医者選びから始めてみましょう。

どんな歯医者がいいの?

まず、受付や歯科助手、歯科衛生士、歯科医師などスタッフ全員が明るく丁寧に対応してくれるかというのが重要なポイントになります。誰か一人でも感じの悪い人がいれば教育が行き届いていない証拠になりますし、何か気になることがあっても聞きづらく、不安を抱えたまま治療を受ける可能性もあるからです。取り入れている治療方法や、導入している医療設備も大切です。大きな虫歯には適しませんが、ドックベストセメントを取り入れている歯医者であれば歯を削る量を少なめに抑えることができ、必要以上に歯を削らないので歯をより多く残すことが可能になります。また、マイクロスコープを導入していれば神経の治療が必要になった際、根管の内部を肉眼のおよそ20倍に拡大して見ることができるため、正確な治療が可能になり再発のリスクも減らせます。

恵比寿の歯医者は、痛みを極力抑えた治療を行っているところが多いため、子どもでも安心して治療を受けられます。