その方法で大丈夫?肌トラブルを抑えながらムダ毛を処理するコツ

間違ったムダ毛の自己処理は肌トラブルの元

手足や両わき、VIOラインのムダ毛を処理する方法には、多くの種類があります。これらは、カミソリや毛抜き、除毛クリームを使用したムダ毛の自己処理と、エステサロンや美容クリニックを利用した脱毛の二つに分類することができます。ムダ毛の自己処理は、ケアにかかる費用が安いというのが最大のメリットになります。さらに、自宅で手軽にケアできるので、仕事や学業で忙しい人や、育児中で自由になる時間が少ない人におすすめの方法と言えます。けれど間違った処理方法と、アフターケアが不十分になりやすいから注意が必要です。それに加え、ムダ毛がすぐに伸びてしまい、頻繁にケアをする必要があるため、肌の赤みや腫れ、埋没毛、乾燥肌などのトラブルが起きやすいので気を付けましょう。

脱毛が肌トラブル予防に良い理由

肌トラブルを抑えながらムダ毛を処理するなら、エステサロンや美容クリニックで脱毛を受けるのが一番です。何故なら、正しい方法でムダ毛を処理できるうえに、適切なアフターケアを受けることができるからです。ムダ毛処理の肌トラブルの代表に、肌の赤みと腫れがあります。これは、肌の表面に細かい傷ができ、そこに雑菌が入り込むことで起こりやすくなります。この傷の中にムダ毛が入ると、埋没毛にもなるので気を付けましょう。脱毛は、肌にレーザーやフラッシュを照射してケアするので、傷ができる心配がありません。さらに、肌を冷やしながら処理する上に、脱毛後も十分に冷却処置を行います。そのため、赤みや腫れが起きにくいのが脱毛のメリットです。

医療脱毛は医療機関で施行されます。レーザーの種類はダイオード、アレキサンドライト、YAGなどの種類があります。